患者様と歯科医院様のデンタルブログ

1.【 患者様 】歯科医院レポートの更新版!歯の知識は皆さんも知るべき!歯科での治療や大切なことをお知らせします。
2.【 歯科医院様 】院内で必要な資料や掲示物など、歯科事務サポートネットをご利用の医院様に作品例をご紹介します。

歯ぐきがプクッと腫れる時・・・5

歯ぐきの腫れ

歯茎腫れる・・・。気持ちが悪くて、なんか痒くて、痛くて・・・嫌ですよね。
歯を磨いている時でなくても歯ぐきから血が出る。
こういう人は、おそらくお口も相当臭いはず。
歯茎がプクッと腫れるのは通常、歯ぐきの深いところに細菌がいっぱい溜まってひどい炎症が起こっています。
⇒その原因は2つあるのです。

歯の根の先の病気です。虫歯や神経の治療の失敗の為に、歯の中からたくさんの細菌が骨の中に流れ出し、
骨を溶かして膿が外に出ようとしているため。

もうひとつは重症の歯周病です。
歯と歯ぐきの間の深い所で、歯周病の細菌が増えて細菌や白血球の死骸である膿が溜まっているのです。
痛みがなければ気づかないこともあります。
部分的に深い歯周病があり、口の中の清掃などで、歯肉が一時的にきれいになった時に腫れます。
膿の出口がふさがれて腫れるのです。

この歯肉のプクッとした腫れは、歯肉の中の膿が外に出てしまえばおさまり、
その後、このような爆発を繰り返し、そのたびに歯の周りの骨はどんどん溶けてしまいます。


根の先に原因がある方は、原因を除去しやすいので、確実に治せますが、
歯の周りの方は、元通りには治らないのです。
日頃のブラッシングに気をつけて!毎日歯ブラシ頑張りましょうね。
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

キシリトールガムの正しい噛み方5

キシリトールガムで虫歯対策

もう、巷では当たり前のようにキシリトールガムが売っていますが、
キシリトールガムの効果と正しい噛み方はご存知ですか?
キシリトールは、植物などから採れる天然の甘味料のひとつです。カロリーは砂糖の約75%。酸を出さない糖質なので虫歯のエサになりません。
さらに悪玉のミュータンス連鎖球菌だけを弱らせる働きも。

ミュータンス連鎖球菌がエサと間違えてキシリトールを食べても分解できず、
無駄なエネルギーを使わせて弱らせます。それに伴い、数も減るので、虫歯予防に効果がある・・という訳!
キシリトールガムは長く噛むことが大切。
複数枚ガムを噛むならば、一度に噛まず時間をずらして口に入れるようにすると効果的ですよ。
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

歯のメンテ"PMTC"をご存知ですか?5

PMTC
PMTCを受けましよう。
突然の言葉に??となる方もいらっしゃいますよね。
歯ブラシや歯間清掃用具で毎日しっかりケアしても、歯周ポケットの奥を
掃除したり硬い歯石を取り除いたりすることば自分では不可能です。

これは必ず歯医者さんで取ってもらわなければなりません。
そこでPMTCの出番です。PMTCとは、プロフェッショナル・メカ二カル・トゥース・クリーニング。
つまりプロ(歯科衛生士)によるお口の清掃です。
PMTCでは、セルフケアではとれない汚れや歯垢、歯石を、専用のペースト(歯磨き粉のようなもの)や器具を使って丁寧に取り除きます。
痛みもなく、終わりた後もすっきり爽やかです。3カ月に1度が目安ですよ。これをしてくれる歯科医院を探せ!
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

歯を守り、健康を保つためには?5

(^∇^)ア歯歯歯


磨き方に注意!
20代を過ぎた人なら特に歯と歯ぐきの間の小さな溝(歯肉溝)を
きれいに清掃することに気を使ってください。

ここにたまった食べ物のかすを取り除くことで歯周病を防ぐことができます。
歯ブラシの毛先が当たらなくなり、溝がうまくみがけないうえに歯ぐきも傷つけるので、力を入れすぎないように。
歯と歯の間に人り込んだカスにはスーパーや薬局で売っている歯間ブラシ糸ようじ(デンタルフロス)が有効。

口の中を清潔に
歯の病気は食生活を反映する生活習慣病ともいえます。
甘いものを頻繁に食べたり飲んだりしていると、細菌の繁殖を促します。
できるだけ間食を控える食生活に努め、□の中を清潔に保つようにしましょう。基礎は大切ですよ!
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

どんな歯医者さんなら安心ですか?5

セカンドオピニオン

歯周病をしっかり診断できること
歯周病をしっかりと診断できる歯医者が信頼歯医者です。
しかし、歯周病と診断したのにただ歯磨き励行を進めるだけだったり、
いきなり総合入れ歯を言い渡すような歯医者は信頼できません。

まずは「質問]をしてください
治療を受ける前に治療法などについて聞いておきたいことは質問しましょう。
患者さんの質問への受け応えは信頼できるかどうかの判断材料になります。

治療方法を提示します
治療方法の選択肢を提示して、患者さが主体的に選べるようにするのも歯科医のすべきことです。

また、診査、診断の経過や結果もわかりやすく説明できるかどうかもチェックすべきポイントです。
レントゲン写真や口の中の写真を使って、具体的に説明てくれる歯科医を選びましよう。

費用、期間を明確してもらいます
なお、歯周病は治療自体が長期にわたり治療後のメンテナンスも生涯にわたるものとなります。
前向きな気持ちにしてくれる歯科医であることもポイントです。
歯周病の治療は、保険で治療できるものと自由診療になるものとがあり、費用について明確であるのも
重要な条件の-つです。さぁ、歯医者さんへ行きましょう。
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

矯正 治療 と 歯 並び5

矯正

歯並びが悪ければ、歯と歯の間に汚れや細菌が溜まりやすくなります。
歯を磨いても汚れを取り除きにくいので、磨き残しのプラーク(歯垢)によって
虫歯や歯周病が起こる可能性も高まります。

食べ物も十分に噛み砕けないので、胃腸に負担をかけてしまいます。

歯並びを良くする為に行われるのが矯正治療です。
歯の位置と角度を1本ずつ綿密に計算し、ワイヤーを使った矯正器具を装着します。
治療期間は治療の範囲や個々の歯の状態によりますが、半年から数年です。

矯正治療は子供の頃に行うのが理想的ですが、成人を過ぎてから歯周治療と
平行して進めるケースも増えています。
歯並びが悪いままだと歯周病が再発する危険性があるからです。
歯並びって大切でしょ。悩んでいても治らないんですよね。ここからは貴方の決断力ですよ。
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

レントゲン写真は何の為に必要?

レントゲン写真

診療がお休みでもお仕事・・・(泣)
というわけで、またまた仕事の合間に〆(.. )カリカリッ!!

今日はレントゲンのお話ですよ。
よく歯医者さんで撮られるレントゲン撮影・・・
これは総合診断の手助けになります。
目に見えない部分を把握し、歯の全体を知ることにより歯周病の進行が分かります。
そうすれば、その人に合った治療ができるのです。

歯根部分で進行しているさまざまな歯の状態がわかります。

例えば外から見えない場所で進行している虫歯が見つかることもあれば、
根の先の炎症を見つけることもできます。
歯ぐきの下で隣の歯に向かって伸びている親知らずを確認することもできます。
さらに過去に治療をした詰め物や被せものが歯にピッタリ合っているかどうかが調べられます。

きれいに被せものがしてあっても肝心のその歯を支える土台の骨が
しっかりしていなければ歯は長持ちしません。


インプラントを埋める場合も土台となる骨の状態を調べるため、事前のレントゲン写真での診断は欠かせません。
レントゲンは歯科医院でも見逃せない必須アイテムなんですよ!

歯科医院レポートを読んで為になったなぁと思ったら、ご褒美下さい(笑)
左側のランキングボタンをポンッポンとクリックして下さい。ランキングがあがるんです(^_^)v

歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

女性の為の人気の医療保険(お知らせ)5

女性


■女性のための入院保険「フェミニーヌ」◇損保ジャパンひまわり生命◇
■3年ごとに15万円のボーナスがもらえてうれしい女性のための入院保険

子宮筋腫など女性が気になる病気だけでなく、
3年毎に15万円のボーナスがうれしい女性限定の医療保険です。

この保険は「子宮筋腫など女性の気になる病気を保障してくれるだけでなく、
3年ごとにプ、プレゼントボーナスがもらえるんです。しかも15万円も。
このボーナスは、入院してもしなくても貰えるのです。
だから、愛する人の為に、医療保険の見直しをご紹介させて頂きました。。
よろしければご覧下さい⇒主婦だってボーナスがほしい。女性のための入院保険「フェミニーヌ」
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.

歯周病のサインを見逃さないで5

歯周病

虫歯以外に歯のもうひとつの重大な病気が歯周病です。
虫歯とは異なり、症状を外から見ることができない厄介なもので、歯科医による口の中全体の細やかな診察を要します。


歯周病はあごの骨のなかでジワジワと進行し、気づきにくいところから沈黙の病気と言われています。

しかし歯ぐき腫れたりなんとなくむずがゆかったり、
歯を磨くと血が出たり、あるいは口臭がしたりなどいくつかのサインがあります。
調子が悪いなぁと思ったら、すぐに歯科検診を受けてください。
早期発見、早期治療が貴方の歯の寿命を延ばすんですよ。

歯科医院レポートを読んで為になったなぁと思ったら、ご褒美下さい(笑)
左側のランキングボタンをポンッポンとクリックして下さい。ランキングがあがるんです(^_^)v

歯科事務サポートネットTOPへ戻る

虫歯の確認は毎朝できますよ5

虫歯

歯がズキズキ痛む、冷たいものや熱いものを口に入れると歯がしみる・・・。

こういう症状が出たら、まず疑うべきは、虫歯です。
また虫歯は多くの場合、鏡を見ながら自分で確認することが出来るので、毎朝の歯磨き後の習慣にして下さい。

今日は記事内容がうす〜く思われるかも知れませんが、これが基本の基本ですよ。
定期的に定期健診に行ってみませんか?私は頑張って行ってますよεε(・_・)ゞ
将来のことを考えるとやっぱり怖いから・・・(笑)
歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.
施術者の皆さんへ
歯科事務サポートネット

こんなサービスを待っていた!

歯科医院様の強い味方!
必要資料や 掲示物等の総合作成
元歯科事務長が運営するサポート

歯科事務サポートネット

----------------------------

歯科ポスター販売:オンラインショップ

インパクトのある掲示物を販売中!

ポスター購入ならコチラ