赤ちゃんと噛む習慣
赤ちゃんのあごの骨は柔らかく、もし変な力が加わったら歯並び
もちろん噛み合わせにも影響してきます。

歯にかかる力のバランスが崩れないよう、変な癖は4〜5歳までにやめさせて!

例えば、指しゃぶりや爪噛みは開咬といって上下の前歯のかみ合わせに
隙間をつくる原因になります。
ゴム製の乳首をいつまでもしゃぶる癖、毛布をしゃぶる癖、口呼吸をする癖、
唇を噛む癖なども注意が必要ですよ。

また乳歯が生えそろう3歳頃は、しっかり噛む習慣を付ける最適の時期。
噛み応えのある食品をメニューに取り入れ良く噛む癖をつけ、早あごの骨や筋肉の発育を促してあげて下さい。


赤ちゃんの名付に真剣だったお母さんならできる。そうすれば、矯正の治療に悩むことはないと思いますよ。

歯科医院レポートを読んで為になったなぁと思ったら、ご褒美下さい(笑)
左側のランキングボタンをポンッポンとクリックして下さい。ランキングがあがるんです(^_^)v

歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.