歯周病
こんにちは。歯科医院レポートです。
歯磨き頑張っていますか?皆さんの歯の一番の恐怖は何でしょうか?
それは共通のことです。そう、抜歯(歯の損失)ですね。
歯を失う最大の原因は歯周病です。
統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病だそうです。
かといって、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。
10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、
歯ぐきから血が出るという自覚症状があらわれる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに…なんてこともありえる、こわ〜い病気なのです。

まずは、就寝前にしっかり歯磨きをすること。
原因となる歯周病や虫歯にならないよう、歯の健康に注意しましょう。



歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.