初期虫歯皆さん、こんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、初期虫歯についてです。
歯の表面がところどころ白くなった状態でエナメル質からミメラルが溶け出ている状態を脱灰といいますが、
歯の白い部分は脱灰が始まっている状態で、初期むし歯と呼ばれます。
むし歯の原因菌は、実は口のなかにいつもいる菌なのです。
ところが口の中に糖質が入ってくると、それを元に数を増やし、酸を出して歯を溶かすのです。
嫌ですよねぇ…

でも、初期なら溶け出たミネラルを戻す働きがあります。それが再石灰化です。
初期むし歯は、早期に発見し進行を食い止めると、唾液の働きで再石灰化できるのですよ。ただし再石灰化には時間がかかるので、早く進行を止めることが大切です。
口の中の環境を早く健康状態に戻しましょう。
そのためにも毎日の歯磨きはがんばってくださいね。


歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.