風邪予防インフルエンザ…怖いですね。熱も出るし、とにかくつらい…
そこで歯科で対策!予防法をお知らせいたします。

簡単です。口腔ケアをすることにより、インフルエンザにかかる危険性が
約十分の一になるそうですよ。


どうして口をキレイにするとインフルエンザにかかりにくくなるかについてはいろいろ
調べられていますが、現在では、インフルエンザウイルスが増える時に必要な酵素が口腔ケアにより
減るためであるといわれています。

口の中に細菌がたくさんいると、酵素が口の中の粘膜表面の構造を変えるため、インフルエンザや
風邪のウイルスがくっつきやすくなります。

よって口の中の細菌を少なくすると、粘膜表面の構造を変わらないため、ウイルスが
くっつきにくくなるとも考えられています。
勉強になりましたね。お口の中を清潔にしましょうね。



歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.