歯科麻酔皆さん、こんにちは。
いつも歯科ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今日は、歯科の麻酔についてのお話です。

歯科で使用されている局所麻酔はたいへん安全ですが、まれに局所麻酔をすることで、さまざまな合併症が起こることがあります。これら合併症の原因には、局所麻酔によるものと、それ以外のものがあります。歯科では、リドカインというアミド型の構造をもった局所麻酔薬が多く使用されています。

リドカインはアレルギーを起こしにくく、アレルギーの症例報告はほとんどないので、局所麻酔のアレルギーと
思われている人の多くは、他に原因がある可能性があります。
そのほかに、局所麻酔剤の中には、防腐剤としてパラベン類が添加されています。これは化粧品、医薬品、
石鹸、歯磨剤などに含まれており、パラベンで皮膚炎などのアレルギー症状が出る人は、局所麻酔剤に対しても注意が必要です。
また、局所麻酔剤の中には麻酔が長い時間効くように、エピネフリンという血管収縮剤に対しても注意が必要です。麻酔注射の直後、エビネフリンの影響で動悸がする」ことがあります。狭心症や心筋梗塞など心臓に疾患のある人は、特に注意が必要です。



歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.