歯科麻酔

歯科の治療・・・
特に麻酔注射は痛くて不愉快なものです。
恐怖心や不安感などが強い患者さんの場合、麻酔注射などがきっかけで、気分が悪くなることがあります。
最も多いのは神経原性ショックといわれるものです。

麻酔注射をしたときなどに急に気持ちが悪くなり、冷や汗が出たり、吐き気がしたり、力が入らなくなったりします。

このショックは、口の周りに痛み刺激が加わることで自律神経反射が生じることが原因とされています。



歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.