唾液皆さん、こんにちは。
いつも歯科ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今日は、唾液についてのお話です。
唾液は、左右両側に一対ずつある3種類の大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)から主に分泌されます。その他にも口腔粘膜のあちこちに小さな分泌腺が分布しています。健康な人で1日に1~1.5リットル分泌されます。口の中は、常に唾液が分泌されていて、潤った状態に保たれています。唾液の働きで一般的に知られているのは消化作用で、ご飯やパンなどのでんぷん質を唾液中の酵素であるアミラーゼによって麦芽糖に分解し吸収しやすい形にします。その他には、抗菌作用、粘膜保護作用、pH緩衝作用、歯の再石灰化、自浄作用などがあります。唾液の分泌が低下すると、虫歯、、歯周病、口臭、ドライマウスなどの症状が起こりやすくなります。



歯科医院レポートTOPへ戻る

Copyright (C) 歯科医院レポート@歯科事務長が教えます。,All rights reserved.